かぜ薬に関する問題

かぜ薬の製造販売承認基準が改訂され、それにともない、使用上の注意も改訂されました。そこで今回は、あらためてかぜ薬について見ていきましょう。

かぜ薬に関する問題

かぜ薬について、正しい記述はどれですか?

  1. アスピリンやサザピリンなど、サリチル酸系の解熱鎮痛成分は、かぜ薬に配合することはできない。
  2. かぜ薬には解熱鎮痛成分が配合されているため、葛根湯や小青竜湯など、身体を温める作用をもつ漢方処方エキスは配合できない。
  3. 15歳未満の小児と、出産予定日12週以内の妊婦は、イブプロフェンを配合したかぜ薬を服用してはいけない。

解答&解説

解答

3

解説

一般用医薬品製造販売承認基準の改定によって、イブプロフェンが基準成分として登録され、使用上の注意についても整備されました。
以前から、15歳未満の小児と、出産予定日12週以内の妊婦は、イブプロフェンを配合したかぜ薬を服用できない旨は周知されていましたが、今回、添付文書への記載事項としてまとめられたかたちです。
アスピリンやサザピリンなど、サリチル酸系の解熱鎮痛成分も、かぜ薬に配合することができます。ただし、イブプロフェンと同じく、15歳未満の小児や出産予定日12週以内の妊婦は使用できませんから注意しましょう。
かぜ薬には、葛根湯や小青竜湯などの漢方処方を配合することができます。しかしその場合、葛根湯の効能・効果である「初期のかぜ」や、小青竜湯の「気管支ぜんそく」といった効能・効果を付与することはできません。あくまでも、一般の総合感冒薬の効能・効果に留まりますので、購入者に説明する際は注意しましょう。

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。掲載日:2015年06月25日