疲れ目

長時間近くのものを見続けたりすると、焦点が合わせにくくなるなど「目の疲れ」を感じるようになります。目の疲れがひどくなると、肩こりや頭痛など眼精疲労の症状を訴える場合もあります。今回はこうした症状のメカニズムと対処法を見ていきましょう。

目の疲れとは?

パソコンを使って長時間デスクワークする、夜遅くまで読書や受験勉強に励むなどして、近くのものを見る状態が続くと、焦点が合わせにくくなるといった「目の疲れ」を感じるようになります。この「目の疲れ」とは、どのような現象なのでしょうか?
目でものを見る際は、対象にピントを合わせるため、「毛様体筋」と呼ばれる筋肉が、レンズの役割を果たす水晶体の厚みを変えています。毛様体筋は輪のように水晶体を取り囲んでいて、水晶体とは糸状の毛様体小体(チン小帯)でつながっています。近くを見る際は、屈折率を高める必要があるため、この毛様体筋が収縮して輪の径を小さくし、水晶体を厚くします。そして、遠くのものを見るときには毛様体筋が弛緩して輪の径を広げ、水晶体を引っ張ることで扁平にします。しかし、長時間近くを見続けると、毛様体筋の収縮状態が続くことになるため、毛様体筋が疲労してしまいます。また、眼球には6本の眼筋があり、眼球を見たい方向に動かすのですが、眼球を長時間同じ方向に固定すると「眼筋の疲労」にもつながります。さらに、目で受け取った情報は脳に伝えられるため、細かい文字や数字を長時間見続けることで視神経が疲労する「神経性の疲労」も起こります。
こうしたさまざまな要因から、「目の疲れ」を感じるようになりますが、この状態が続くと、目の疲労がなかなか取れなくなり、目の疲れだけでなく、肩こりや頭痛などの全身症状を感じる「眼精疲労」に移行することもあります。

対処するには?

「目の焦点が合わない」といった症状には、ピント調節機能を改善する成分を配合した点眼薬が有効ですが、肩こりなども起こってしまった場合は点眼薬だけでは対処できませんので、内服のビタミン剤などの併用をおすすめすることになります。疲れた目の諸症状に対応するこれらの成分とそのはたらきについては、以下で詳しく見ていきましょう。

疲れた目の症状に対応する主な成分とはたらき

ピント調節機能改善成分

目のピント調節を行う毛様体筋には、アセチルコリンが神経伝達物質となって指令が伝えられていますが、目を酷使すると、このアセチルコリンを分解する酵素のコリンエステラーゼのはたらきが強くなることで毛様体筋のはたらきが低下し、ピント調節が難しくなります。そこで、コリンエステラーゼのはたらきを抑える「ネオスチグミンメチル硫酸塩」配合の点眼薬が有効になります。

・ネオスチグミンメチル硫酸塩

血管収縮成分

目を酷使すると、目が充血することがあります。これは、目の疲労に対し、眼組織により多くの酸素や栄養素を送り届けようと、血管が拡張するために起こります。そこで、このような目の充血を抑えるために、血管を収縮させるナファゾリン塩酸塩やテトラヒドロゾリン塩酸塩などが配合された点眼薬で対処します。

・ナファゾリン塩酸塩
・テトラヒドロゾリン塩酸塩 など

※これらの成分は、交感神経の神経伝達物質であるノルアドレナリン(アドレナリン)と似たはたらきをすることから、「アドレナリン作動成分」とも呼ばれる。

ビタミン類

ビタミン類には、新陳代謝を助けたり、血行や神経伝達を改善するなど、さまざまなはたらきがあります。点眼薬に配合されるだけでなく、眼精疲労に対応するビタミン剤など、内服薬でも使われます。主に目に対する各ビタミンのはたらきは、以下のようになります。

ビタミンAは、網膜で視神経が光を感受するのに必要なロドプシンの原料となります。このため、不足すると夜盲症の原因になります。

・ビタミンA

ビタミンB2は、角膜の代謝機能を高め、低下した目のはたらきを改善する効果があり、疲れ目を改善します。

・ビタミンB2

ビタミンB5は、目の調節機能の回復を期待して点眼薬に配合されます。

・ビタミンB5

ビタミンB6は、神経伝達物質の合成に関与していることから、目の疲れなどを改善する効果が期待できます。

・ビタミンB6

ビタミンB12は、神経伝達を正常化するはたらきがあるとされ、神経の疲れを回復する効果が期待できます。

・ビタミンB12

ビタミンEは、血行を良くし、疲労した眼組織に栄養素を送り届ける効果があります。

・ビタミンE

その他栄養成分など

タウリンは、新陳代謝を改善して目の疲れの回復に役立ちます。

・タウリン

L-アスパラギン酸カリウムは、アミノ酸の一種で、眼組織の新陳代謝を促進し、目の疲れに効果を発揮します。

・L-アスパラギン酸カリウム

田辺三菱製薬のおすすめ商品

アスパラ目薬Lプラス
ピント調節機能を改善するネオスチグミンメチル硫酸塩や目の新陳代謝を活発にするL-アスパラギン酸カリウムとビタミンB6を配合し、かすみ目や疲れ目に効果を発揮します。
URL:http://www.mt-pharma.co.jp/aspara/asparalplus.html

アスパラ目薬クールICプラス
強い清涼感が気持ちよく持続する目薬です。7つの有効成分が疲れ目や充血、かゆみなどの炎症を取り去ります。
URL:http://www.mt-pharma.co.jp/aspara/asparacoolicplus.html

アスパラ目薬モイストCL
モイスチャー成分のヒプロメロースがコンタクトレンズを覆い、涙の蒸発を防ぎ、瞳の潤いを保ちます。
目の疲れ、ドライアイ(目のかわき)、コンタクトレンズ装着時の不快感に。
URL:http://www.mt-pharma.co.jp/aspara/asparamoistcl.html

スマートアイプティ
充血・疲れ目・目のかゆみに。
充血を緩和して、瞳にうるおいを与えるうるおいタイプの目薬です。
URL:http://www.mt-pharma.co.jp/smarteye/smarteyepetit.html

スマートアイプティコンタクト
目の疲れ、目のかわきに。
ソフトコンタクトレンズ対応。全てのコンタクトレンズに使用できます。
URL:http://www.mt-pharma.co.jp/smarteye/petitcontact.html

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。掲載日:2015年11月27日