痔の対策

今回は、痔について見ていきます。ひとくちに痔と言っても、切れ痔、いぼ痔など、いくつか種類があり、病態によって治療法は異なります。OTC医薬品で対処できるものもあれば、医師の診療を受ける必要があるものもあるため、適切な受診勧奨も重要になります。ここでは、店頭で必要となる知識として、痔の種類やその治療について確認しておきましょう。

痔とは?

痔は、大きく分けると「裂肛(切れ痔)」「痔核(いぼ痔)」「痔ろう(あな痔)」の3タイプがあります。それぞれ、原因や症状は以下のような違いがあります。

裂肛(切れ痔)

肛門付近は「歯状線(しじょうせん)」と呼ばれるギザギザの線によって、内側の「直腸粘膜」と外側の「肛門上皮」に分かれています。裂肛は、肛門上皮が裂けたり、切れたりしたものをいいますが、この肛門上皮には、知覚神経が多く通っているため、鋭い痛みを感じます。
主に、便秘などによって硬くなった便を無理に出そうとすることで切れる場合が多いことから、便秘がちな女性に多いとされます。また、下痢が勢いよく出る際に切れてしまうこともあるようです。

痔核(いぼ痔)

痔核は、一般にはいぼ痔と呼ばれるものです。これは、排便時にいきんだりしたことで、肛門の静脈叢(じょうみゃくそう)に過度の負担がかかってうっ血などが起こるために生じる症状です。この痔核には2種類あり、歯状線より上の直腸粘膜にできるものを「内痔核」、肛門の外側にできるものを「外痔核」と呼びます。
内痔核は、出血を伴うことが多いのですが、粘膜部分には知覚神経がほとんどないため、痛みを感じないのが大半です。また、腫れの度合いにより痔核が肛門管内にとどまっている状態から肛門を飛び出したまま、指で押し戻しても戻らない状態まで、4段階に分けられます。指で押しても戻らないような状態になるとOTC医薬品では対応できないため、病院で診てもらう必要があります。
一方、外痔核は歯状線より下の皮膚部分にできる痔核ですが、この部分には知覚神経が通っているため、内痔核と違って激しく痛むことが多いのが特徴です。ひどくなると、激痛で動けなくなることもあるようです。

痔ろう(あな痔)

痔ろうは、歯状線のひだにある「肛門腺窩(せんか)」と呼ばれる小さなくぼみに便が溜まって化膿したもので、症状が進行すると、皮膚の外側まで穴が貫通して、膿が出てきます。体力低下などで、身体の抵抗力が弱っているときに起こりやすいとされます。
こちらもOTC医薬品では対応できない症状ですので、医師の診察を受けるようにお伝えしましょう。

対処するには?

これらの症状は、それぞれ適した成分と剤形がありますので、ヒアリングによって、ご要望にあったものを選別する必要があります。
なお、痔には痔ろうや内痔核が進行したもののように、OTC医薬品で対処できないものがありますので、適切な受診勧奨も大切です。

成分について

外用痔疾用薬の必須配合成分は、痛みやかゆみを鎮める局所麻酔成分なのですが、OTC医薬品を選択する際の基準となるのは、主に抗炎症成分です。抗炎症成分にはステロイド性のものと、非ステロイド性のものとがあり、症状の程度によって使い分けると良いのですが、市場に出ているOTC医薬品のほとんどはステロイド性の抗炎症成分を配合したものになっています。ほかにも、患部のうっ血や出血を抑えるための血管収縮成分、傷の治癒を促す組織修復成分、患部の細菌感染防止を目的とした殺菌成分などが配合されます。
なお、痔疾用薬には外用だけでなく、漢方処方製剤などの内服薬もあります。

局所麻酔成分

局所麻酔成分は、皮膚や粘膜から浸透して、知覚神経のはたらきを一時的にブロックすることで患部の痛みやかゆみを緩和します。

・リドカイン塩酸塩
・ジブカイン塩酸塩
・アミノ安息香酸エチル など

抗炎症成分

抗炎症成分は、ステロイド性と非ステロイド性に大きく分けられます。ステロイド性の成分としては、プレドニゾロン酢酸エステルやヒドロコルチゾン酢酸エステルなどがあります。また、非ステロイドの成分には、グリチルレチン酸があります。これは、カンゾウの有効成分として知られるグリチルリチン酸の加水分解物で、坐剤や注入軟膏に配合されている場合は、内服薬と同様、長期連用による偽アルドステロン症に注意する必要があります。

・外用ステロイド:プレドニゾロン酢酸エステル、ヒドロコルチゾン酢酸エステル
・非ステロイド成分:グリチルレチン酸 など

抗ヒスタミン成分

知覚神経のヒスタミン受容体をブロックすることで、主に「かゆみ」を鎮める目的で配合されます。

・ジフェンヒドラミン塩酸塩
・クロルフェニラミンマレイン酸塩 など

血管収縮成分

局所の血管を収縮させることでうっ血を抑えて腫れを鎮めるほか、出血を抑えるはたらきもあります。

・メチルエフェドリン塩酸塩、テトラヒドロゾリン塩酸塩、フェニレフリン塩酸塩 など

止血成分

毛細血管を強化して出血を抑えます。

・カルバゾクロム など

組織修復成分

切れ痔など、傷になった箇所の治癒を期待して配合されます。

・アラントイン
・アルクロキサ など

殺菌成分

局所の細菌感染防止を目的として配合されます。

・クロルヘキシジン塩酸塩
・セチルピリジニウム塩化物水和物
・ベンザルコニウム塩化物 など

血行促進成分

患部の血行を促進し、治癒を早める目的で配合されます。

・トコフェロール酢酸エステル(ビタミンE) など

漢方薬

漢方薬にも、痔の効能をもつものがあります。代表的なものに、内服では乙字湯、甘草湯、大黄甘草湯、外用では紫雲膏などがあります。

・内服:乙字湯、甘草湯、大黄甘草湯 など
・外用:紫雲膏 など

剤形について

外用痔疾用薬の剤形には、坐剤、塗布剤、注入軟膏の3つがあり、患部の場所に応じて使い分けられるようになっています。それぞれの特徴は以下のようになっています。

 

坐剤

坐剤は、肛門に挿入して使用する固形の薬剤で、内痔核や肛門の内側の裂肛に適しています。一般に、体温で溶けるような剤形設計になっているため、熱で形状が変わりやすいのも特徴です。そのため、冷暗所で保管するようにお伝えしましょう。その際、箱に記載された置き方で保管し、上下を逆にすることがないように注意を促すことも重要です。これは、個包装された薬剤の先端を下にすることで、万一溶けた際も先端の形状が変わることを避けるためです。
使用時は、排便後などに肛門部をきれいにしてからしゃがんだ状態で肛門に先端を押しつけます。すると体温で薬剤が溶けて入りやすくなるので、そのまま根本まで押し込んだら、ゆっくりと立ち上がります。これで、肛門括約筋の力で薬剤が肛門中に収まります。

塗布剤

塗布剤は軟膏やクリームが一般的ですが、液剤も認められています。患部に塗布するタイプのため、外痔核や外にできた裂肛などに適しています。使用時は、患部を清潔にしてから指やガーゼなどにとって適量を塗布します。

注入軟膏

注入軟膏は、肛門内部に注入することもできるチューブ式の入れ物に入ったもので、肛門内部には注入、外部には塗布と、2とおりの使い方ができる便利な剤形です。坐剤のように、持ち運びの際に溶けることをあまり気にする必要もなく、内と外の痔に1つで対応できるのが強みです。
使用の際、注入する場合は薬剤を少し押し出した状態で肛門につけ、滑りを良くして奥まで挿入します。そのまま容器を押しつぶすようにして薬剤を出したら、押しつぶしたままの状態で引き抜きます。
塗布する場合は、軟膏などと同様に指やガーゼなどに薬剤をとって患部に塗ります。このとき、余った薬剤を注入に使ってはいけません。残りがあっても、必ず破棄するようお伝えしましょう。

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。掲載日:2015年09月29日