冬の皮膚トラブル対策

今回は、これからの季節に増えてくる冬の乾燥肌に関するお悩みの対処法をご紹介します。冬場は、乾燥により皮膚の水分や皮脂が減少することでさまざまなトラブルが起こりますので、その予防や対策を見ていくことにしましょう。

冬場に起こりやすい皮膚トラブルとは?

冬は、空気が乾燥し、外気も水も冷たく、皮膚に負担がかかるシーズンといえます。とくに、手洗いや水仕事などでお湯を使うことも増えるため、手指の脂分が洗い流されやすくなります。すると、皮膚のバリア機能が低下し、皮膚が刺激を受けやすくなるため、かゆみなどの皮膚トラブルを訴える方が増えてきます。さらに、寒い冬の時期は、皮膚表面や手足など末端の血管が収縮しますから、血行が悪くなって栄養分が行き渡らなくなり、皮脂の分泌が少なくなりがちです。また、高齢者のように新陳代謝が低下している人も、やはり皮脂の分泌が減少するため、バリア機能が低下しやすく、かゆみなどの症状を訴える人が増えてきます。
このようなことに加えて、冬はエアコンによる暖房が影響しやすいといえるでしょう。湿度が低下しがちで、温風が皮膚に当たり続ける環境では、皮膚表面の水分が奪われるため、皮膚が常に乾燥した状態になってしまいます。こうしたことから、冬は乾燥による皮膚トラブルが起こりやすいのです。

冬場乾燥肌になる原因

・空気の乾燥
・お湯を使った水仕事
・末端の血行不良
・加齢による新陳代謝の低下
・暖房による皮膚表面の乾燥 など

対処するには?

こうした皮膚トラブルには、保湿剤や皮膚用薬などで対応します。その際、皮膚の状態に応じた使い分けをするとよいでしょう。たとえば、皮膚に炎症がなく、かゆみも軽度であれば保湿剤でケアできます。一方、しっしんができたり、炎症が強くなった状態でしたら、ステロイド外用剤などで早期に治療してしまうのがおすすめです。また、毎年冬場に皮膚トラブルを起こしがちな方は予防を心がけること、起こってしまった皮膚トラブルが改善したあとも予防を心がけることなども大切です。店頭では、治療のための適切な対処法の紹介だけでなく生活習慣の改善なども含めた予防法など、さまざまなアドバイスができるようにしておきましょう。

保湿剤・皮膚用薬

乾燥肌になると、皮膚のバリア機能が低下しているため、ちょっとした異物や刺激に反応しやすくなります。すると、かゆみを感じたり、手指などでは、ひどくなると切れたりすることもあります。
こうした症状を防ぐには、皮膚のバリア機能を維持するために、普段から保湿剤を使うのがおすすめです。軽度の症状なら、こまめに保湿クリームなどを塗っておくことで対処できます。より高い保湿効果をお求めなら、ヘパリン類似物質や尿素入りのクリームなどを使うといいでしょう。ただし、尿素は刺激があるため、傷のある患部には使えません。
かゆみなどの症状がある場合は、抗ヒスタミン成分配合の皮膚用薬を使いますが、手指などで炎症が強く、かゆみや痛みが強い場合などはステロイド外用剤をおすすめします。なお、患部に傷がある場合は、抗生物質配合のステロイド外用剤を提案するといいでしょう。

なお、ステロイド外用剤と保湿剤は、品質や安全面から、基本的には別々に塗ることをおすすめします。いっしょに使う場合には、湿疹のある部位にステロイド外用剤を、その他の乾燥した部位に保湿剤を、というように、皮膚の状態に応じた使い分けをするようにお伝えしましょう。

おすすめ商品

・保湿クリーム(ワセリンなど)
・皮膚用薬
 保湿→尿素・ヘパリン類似物質配合商品
 組織修復→アラントイン、パンテノール、ビタミンA
 かゆみ・炎症→抗ヒスタミン成分・外用ステロイド配合商品
 傷→抗生物質配合商品 など

皮膚にはたらくビタミン・ミネラル

炎症などに外用薬で対処したら、今度は体の中からケアします。以下のような、皮膚に良いとされる各種ビタミンやミネラル類などを、お客様に合わせておすすめしましょう。
ビタミンA:皮膚の新陳代謝を促して、皮膚の正常化にはたらく。
ビタミンB2:主に脂質の代謝を促し、皮膚を健康に保つ。
ビタミンB6:主にたんぱく質の代謝を促し、皮膚を健康に保つ。
ビタミンC:コラーゲンの生成にかかわり、皮膚のハリを保つ。
ビタミンE:血行を良くして皮膚の新陳代謝を促す。
亜鉛:皮膚や髪の毛、爪などの健康を維持する。

おすすめ商品

・ビタミンB2・B6主薬製剤
・各種サプリメント など

生活習慣を改める

このほか、皮膚トラブルをまねきやすい日々の生活を改めることも重要です。水仕事が多い方には、ゴム手袋を使って皮脂が流れてしまうのを防ぐことや、こまめに保湿クリームを塗ることを提案しましょう。寝る際に、綿手袋をつけるというのも、手指の保湿には効果的です。また、栄養素の種類が豊富な食事をとる、睡眠を十分にとる、といった基本的な注意事項も健康な皮膚のためには大切です。

おすすめ商品

・ゴム手袋
・綿手袋
・保湿クリーム など


田辺三菱製薬のおすすめ商品

フルコートf
優れた抗炎症作用のある「フルオシノロンアセトニド」と、抗生物質「フラジオマイシン硫酸塩」を配合した軟膏剤です。
化膿を伴う湿疹、皮膚炎などに。
URL:http://www.mt-pharma.co.jp/flucortf/flucortf.html

掲載している情報は、取材時もしくは掲載時のものです。掲載日:2015年01月29日